信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる

ラップ口座での資産防衛

スーツの人

分散投資をするラップ口座

1億円という高額の運用を行う人には、証券会社やプライベートバンキングのラップ口座を活用することが人気となっています。ラップ口座では専属のファンドマネージャーが適切なポートフォリオを組むことで、市場平均を上回るパフォーマンスを狙うことが可能となります。ラップ口座では1億円といった資産を株式や債券、不動産、商品などのリスク商品へ分散をして投資をする仕組みがあります。それぞれの金融商品の資産配分としては、現状で有利な金融商品を多めにすることが行われています。ラップ口座での運用担当者には優秀なファンドマネージャーが多いことから、高額の資産を着実に増やすことが可能となります。なお、ラップ口座では運用手数料が掛かりますが、手数料以上のパフォーマンスが得られることが多くなっています。

すべてを専門家に任せる

ラップ口座の特徴としては、金融商品選びから資産配分までをすべて専門家に任せられることが挙げられます。1億円を運用しようとすると、多くの金融商品を選ばなくてはならなくなります。しかし、ラップ口座ではすべて専門家に運用を任せることができるため、時間が有効に使えるメリットが出てきます。また、ラップ口座では多くの資産クラスに分散して投資をしているため、景気の変動や政治リスクなどの影響を受け難いポートフォリオを組むことが可能です。すでに1億円を保有している人にとっては、如何に資産を防衛することが重要なことの一つになってきます。そこで、ラップ口座では株式市場が下落しても、債券や商品の価格が上昇することで、全体の資産は減らないような工夫をしています。

Copyright© 2017 信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる All Rights Reserved.