信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる

初めての投資なら

財布

初心者が株式投資を行う前にその特徴を知っておく必要があります。まずひとつめに基本的に株式投資は上場している企業への投資を行うことを指します。したがって投資をするのは初心者であったとしても身近なサービスなどを利用したことがある企業に投資をすることができます。つぎに2つめに株式投資は2つの方法で利益を狙うことができるということです。つまり売却益と配当益です。売却益は基本的に購入時の価格より高い価格で売却することができたときに得ることができる利益です。配当益は保有期間中に得ることができるものです。これは企業によってさまざまです。近年は配当に力を入れている企業も多くなっているため年間5パ−セント程度の利回りを得ることができる企業もあります。

初心者が株式投資をする際に念頭においておくこととして株主優待があります。株主優待とは自社のサ−ビスや商品を株主にプレゼントするというものです。たとえば飲食業を営んでいる企業であれば自社の飲食店の利用券などがもらえることがあります。この優待を目的として株式投資をすることもひとつの初心者にとっての入り口となります。また株式投資で損失が生じた場合には確定申告をすることによってその損失を3年間繰り越すことができます。つまり翌年以降3年以内に株式売却益等を得た場合には前年以前に生じた損失と相殺することができるため節税となります。これは損失が生じた年以降3年間毎年確定申告することが必要となるため注意が必要となります。

Copyright© 2017 信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる All Rights Reserved.