信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる

資産を安全に保有する

財布

現金のみは危険

持っている資産を安全に運用する事は資産を守る上で大切な事です。仮に1億円の資産を持っていてもその現金を特定の通貨だけで持っているとその通貨の評価が下がり現金を使わなくても資産が目減りしてしまいます。一点集中で資産を持つ事は逆に持っている資産の評価が上がった時は資産が急激に増加しますが、リスクを回避しながら安全に運用するという意味では良い方法とは言えません。特に1億円ほどの多くの資産を保有している場合は通貨を持つにも複数の国の通貨に分散して一億円の資産を運用する方が安全に運用できます。通貨だけでなく、1億円の何割かを通貨として保有して残った資産を実物資産や証券などに投資する事でよりリスクを分散して数千万円や1億円という大きな額でもリスク分散ができます。

ファンドの利用

分散投資をする上で通貨だけでなく株式などの証券へ分散して投資をすると運用リスクを軽減できますが、運用の効果を高める為には状況に応じて売却や購入ができなくてはいけません。しかし知識がない人にとっては難しい事なので投資ファンド利用して投資信託という形で資産を預けて分散投資を専門家にしてもらうのも一つの方法です。当然運用をしてもらうので手数料を支払う事になりますが、専門家に運用をしてもらう事は出資者にとって大きなメリットがあります。それでも損失が出た場合は出資者本人に責任が発生するので損失をファンドに請求するような事はできないので理解して利用しなくてはなりません。ファンドによっては投資セミナーを開催しているファンドもあるのでそのような勉強の場で自分自身の知識を高める事もできます。

Copyright© 2017 信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる All Rights Reserved.