信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる

配当で安定した収益を確保

貯金箱

年間で150万円の収益

5000万円の手元資金がある場合の運用としては年率で3%の配当を受けることができれば、150万円の収益を上げることが可能です。年率3%の配当が出る金融商品は少なくないために5000万円の運用資金があれば、150万円を手堅く稼ぐことができるようになります。年率3%の配当が受けられる金融商品としては、高配当の株式が挙げられます。国内の株式の中には、配当利回りが3%以上あるものが存在します。次に年率3%程度の配当が受けられる金融商品として、REITが挙げられます。REITならば、安定して3%程度の利回りを継続しているものが多く存在しています。次に配当利回りが3%以上ある金融商品として、新興国の債券が挙げられます。新興国の債券では高配当利回りが期待できる国が多く存在しています。

配当を目的とした購入方法

5000万円の運用ではリスクの高いキャピタルゲインを狙うことなく、配当だけを目的とした運用が可能となってきます。しかし、高配当の金融商品では値動きが大きくなったり、減配リスクが出てくるために運用方法は工夫をする必要が出てきます。また、5000万円分のポートフォリオは株式や債券、REITに分散して投資をすることが大事となります。高配当の株式で運用をする場合には、業績の変動が大きい銘柄は避けるようにします。業績の変動が大きい銘柄は減配リスクがあるからです。また、株式は株価が上下に動くことが多いため、複数に分けて購入していくようにします。また、新興国の債券で運用する場合にも、複数に分けて投資をすると価格変動リスクを抑えることが可能となります。

Copyright© 2017 信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる All Rights Reserved.