信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる

お金がお金を産む

マネー

株式投資を例にすると

資金が100万円のAさんと1億円のBさんがいる場合、新たに100万円を作るためには、Aさんは倍に増やす必要がありますが、Bさんは利回り1%の運用で足ります。資金が1億円のBさんは、敢えてリスクを取る必要がないため、運用のスタイルがAさんとはだいぶ異なってきます。例として、株式投資の場合を考えると、資金が少ない方は、成長性が期待できる新興市場の低位株を購入する投資スタイルを取ることとなるでしょう。一方で、資金が1億円あれば、配当金を狙って安定株を大量保有することで、安定したお金を得ることができます。配当利回りが1%を超えるような株は、ごまんとありますから、難なく100万円のお金を生み出すことが可能となるのです。株やFX投資を行う方が、「まず1億円を作ること」に注力する理由は、このようなところにあると言えるでしょう。

選択肢も広がる

また、余裕資金が1億円ある場合には、当然のことながら、運用方法の選択肢も広がることとなります。利回りはそれほど高くありませんが、安全性が比較的高い運用方法である、債権の購入も1つの選択肢となるでしょう。信用度の高い国債や、外国債、上場企業の社債などはほとんどリスクがありませんから、有益な運用方法となるでしょう。また、マンションなどの利回りの高い収益物件を購入して、安定した収入を得る方法も効果的と言えるでしょう。都内の新築収益物件などは、利回りが10%を超えるものがたくさんありますから、10年間の家賃収入で投下資本を回収し、さらに物件の売却益でお金を生み出すことができます。この他にも、ヘッジファンドに運用を任せる方法や、リスクを分散させるために多様な投資を行うなど、1億円あれば多様な選択が可能となります。

Copyright© 2017 信頼の投資信託と証券会社で比較するべし|見極めが肝心となる All Rights Reserved.